RMGオリジナル指標

エリオット・Waveプロット
説明
エリオットウェーブ理論では第3波は、通常一番長く最も力強いとされており、エクステンション(価格の伸張)が起こる可能性が特に高いとされています。すなわち、第3波が一番長くなりやすいということです。その第3波を見つけ出すために開発したのが、このエリオットWaveプロットです。
目的はトレードに一番有効な第3波を発見することなので、第4波と第5波は表示されません。

【ラインの説明】
赤ライン 上昇ライン
青ライン 下落ライン
灰ライン ニュートラルライン

作成方法
日柄(スイングHLを使用)と値幅(カギ足)の理論をミックスしてピボットポイントを探し出し、それを線で結びます。その線の動きから第1波・第2波・第3波を識別。各波動の基点となる場所に、その波動の番号が打たれています。

使い方の例
エリオットウエーブ理論は非常に有効であるものの、その識別が困難であることから視覚的にチャート上で認識したい時に利用します。