RMGオリジナル指標

スイング・Waveプロット1


*理解しやすいように、チャートと同領域にスイングHL1を描いています。

説明
スイングHL1で計測されたピポットポインを線でつないで、波動の変化を視覚的に理解できるようにしたものです。スイングHL1で計測されたピポットポインは、スイングHとスイングLが交互に現れず、スイングHが連続で現れたりスイングLが連続で現れたりすることがあります。
このような場合、連続するスイングHではより高いスイングHを、連続するスイングLではより低いスイングLを採用し、線を引きます。

図解

使い方の例
チャートを見ただけでは分かり難い波動の変化を視覚的に理解することで、次に来る波動の動きを予測するために使用します。