RMGオリジナル指標

スイング・HL1
説明
日柄によるピボットポイントの計測法のひとつ。中心となるバーと、その左右n本のバーとを比較し、左右のいずれのバーも中心となるバーを上回っていないとき、その中心のバーをスイングH(ハイ)と呼びます。その反対を、スイングL(ロー)と呼びます。

図解
使い方の例
ダウ理論に基いた相場の転換点を見つけたい時に使用します。直近にあるスイングHを上抜けて来るようであれば、上昇トレンドの発生を確認でき、スイングLを下抜けてくるようであれば、下降トレンドの発生を確認できます。