加重移動平均(ボラティリティ(1))
計算式
上方・バンド=加重移動平均+(1標準偏差σ×掛率)
下方・バンド=加重移動平均−(1標準偏差σ×掛率)
※ 1標準偏差σ=[{期間×(価格)2の総合計−(価格の総合計)2}÷{期間×(期間−1}]の平方根

【ラインの説明】
オレンジライン 加重移動平均
水色ライン(上) Hi(上方)バンド
水色ライン(下) Low(下方)バンド

説明
この加重移動平均(ボラティリティ(1))は、加重移動平均の上下に標準偏差のバンド(上方下方バンド)を引いて価格の位置から価格動向を分析します。統計的には、価格が−1σ〜1σに収まる確率が68.27%、−2σ〜2σに収まる確率は95.45%、また−3σ〜3σに収まる確率は99.73%です。
※ 参考:移動平均グループ

使い方の例

掛率200%の線(合計2本)を描くのが一般的ですが、「掛率100%と200%」の離れた2本線(合計4本)を描くことも多いようです。また掛率は150%のようにどんな数字を使用してもかまいません。移動平均は20日を用いることが一般的ですが、目的によって日数は変えます。ただし、掛率とのバランスは大切です。掛率200%の上方・バンド以上を売り、下方・バンド以下を買う「逆バリ」が一般的ですが、その逆に掛率200%の上方・バンド以上を買い、下方・バンド以下を売る「順バリ」の方法もあります。他には、移動平均のゴールデンクロスを買い(デッドクロスを売り)、掛率200%の上方・バンド以上を売り(下方・バンド以下を買う)方法などがあります。