RMGオリジナル指標

トゥルー・HLトレンドIndex


*理解しやすいように、チャートと同領域にトゥルーHLを描いています。

説明
トゥルーHLに基づくトレンドの方向性を指標化したものです。アップトレンドを「+1」、ダウントレンドを「−1」で表現しています。ローソク足がトゥルーHを上抜くとアップトレンドと認識、指標は「+1」を示します。逆にトゥルーLを下抜くとダウントレンドと認識、指標は「−1」を示します。

使い方の例
基本的にはトゥルーHLが基になっていますから利食いの目処としてトレイリングストップに使用したり、プロテクティブストップに使用するのが基本でしょう。主要なトレンドに従って売買している場合、トゥルーHLトレンドIndexが反対になったら手仕舞いを行うなどします。
例えば、アップトレンドに従って買いポジションを持っている場合、トゥルーHLトレンドIndexが-1を示した時に、全てのポジションもしくは一部のポジションを手仕舞いする−といったように使用します。

しかしそれだけではなく、少し期間を長く取る事でトレンドの認識にも使用できます。