RMGオリジナル指標

HLトレンドIndex



*理解しやすいように、チャートと同領域にHLバンドを描いています。

説明

HLバンドを基にトレンドの方向性を指標化し、アップトレンドを+1、ダウントレンドを−1、ニュートラルの状態を0で表現したものです。アップトレンドの認識はHLバンドのHバンドを上抜いたところで行なわれ、ダウントレンドの認識はHLバンドのLバンドを下抜いたところで行なわれます。また、ニュートラルの状態はそれぞれの方向へ新値を更新しなくなってからn日後に認識されます。  

                        

使い方の例

HLバンド同様、アップトレンドに転換した時(+1)買いでエントリーし、ダウントレンドに転換した時(−1)売りでエントリーするのが一般的な使い方でしょう。勿論、期間を長めに取ってカウンターとして使用、+1になった時売りでエントリー、−1になった時買いでエントリーすることも可能です。また、ニュートラルの状態(0)を利用し、0になった時をタイムストップとして使用することも出来ます。