RSI
計算式・作成方法
RSI(n日)
=1日目 A÷(A+B)×100
※ A=n日間の前日比値上がり幅の平均
※ B =n日間の前日比値下がり幅の平均

=2日目以降 A’÷(A’+B’)×100
※ A’={A×(n−1)+当日の前日比値上がり幅}÷n
※ B’={B×(n−1)+当日の前日比値下がり幅}÷n

説明

このRSI(相対力指数)は、一定期間中(n日)の前日比値上がり幅と値下がり幅を加算した平均の中で、前日比値上がり幅の平均が、何%を占めているかを百分率(範囲は、0%〜100%)の指数で表したものです。ワイルダーは14日RSIの70%以上は買われ過ぎ、30%以下は売られ過ぎとしました。 RSIの値が、理論的に0や100にならないように修正移動平均が使用されていますが、計算の仕方は、[{C‘×(N−1)}+C)]÷Nです。

使い方の例

一般的には期間を14日で設定し、「30%以下を買い、70%以上を売り」とします。また期間をこれより長く42日ととり、「50%以上になった時に買い、50%以下になった時に売る」こともあります。ほかには短期線が長期線を下から上に抜けた時に買い、上から下に抜けた時に売る方法もあります。価格が上昇(下降)トレンドであるにもかかわらず、RSIが相場と反対に下降(上昇)トレンドになった時は高値(安値)警戒水準として見ることもできます。逆行現象