RCI
計算式・作成方法
RCI(n日)=[1−(n×d÷(n×(n2−1))]×100

※ d=それぞれの日の(a−b)2をすべて合計した数
※ a=計算期間の初日を 1として2、3、4と順番に計算期間最後のn日までつけた順位
※ b=価格は安い順に1、2、3、4、とつけた順位(価格順位が同じ時、例えば、「1、2、3、3、5」という時は、「1、2、3.5、3.5、5」とします。)

説明
このRCI(順位相関係数)は、日付順と価格順を比較して相関関係の高い低いを百分率(範囲は、− 100%〜100%)の指数で表したものです。−100%に近いほど売られ過ぎ、100%に近いほど買われ過ぎです。

使い方の例

RCIは、−70%以下を買い70%以上を売るのが一般的ですが、「0%を下から上抜けた時を買い、上から下抜けた時を売り」とする方法や、短期線が長期線を下から上抜けた時を買い、上から下抜けた時に売る方法もあります。