ウィリアムズ%R
計算式・作成方法
ウィリアムズ%R=(Hn−C)÷(Hn−Ln)×100
※ C=当日終値
※ Hn=過去n日間の最高値
※ Ln=過去n日間の最安値

ラリー・ウィリアムズ考案。
このウィリアムズ%Rは、一定期間中(n日)の最高値から最安値の幅の中で、その最高値から当日終値を引いた幅が、何%を占めているのかを百分率(0%〜100%)の指数で表したものです。
(注)ウィリアムズ%Rは、100%に近いほど売られ過ぎ0%に近いほど買われ過ぎで他の指標と逆です。このTMでは、ウィリアムズ%Rを見やすくするため他の指標と同じく0%に近いほど売られ過ぎ100%に近いほど買われ過ぎに加工してあります。(=TMウィリアムズ%R)

*ウィリアムズ%Rの0と100を逆にすれば、ストキャスティクスKになります。

使い方の例

一般的な期間の設定は、「n日=14」で、TMウィリアムズ%Rが0〜10%以下を売られ過ぎ、90〜100%以上を買われ過ぎと見て、0〜10%以下を買い90〜100%%以上を売るのが一般的ですが、期間の違うの2本の組み合わせのクロスによる売買などがあります。価格が上昇(下降)トレンドであるにもかかわらず、TMウィリアムズ%Rが相場と反対に下降(上昇)トレンドになったとき高値(安値)警戒水準として見ることもできます。逆行現象