TradeStation用バックアジャストデータコンバート
BAファイル名をTradeStation2000iでそのまま読み込めるように、ロングネー ムを半角8桁の名前に変換し、TradeStation用にバックアジャストデータを格納する別なフォルダーを作成した。
BAデータをTradeStation2000iで直接読 み込みたいお客様以外は関係ないかもしれませんけど、これから海外データを増やした場合は、この機能が結構お役に立ちます。
TradeStation用バックアジャストデータコンバート
EdgeTraderで作成したバックアジャスト(BA)データを、TradeStation(TS)2000iが読み込める形式に変換する機能です(TS2000iは古いプログラムなので、EdgeTraderのBAファイルのロングネームに対応していません。そのためファイル名を半角8桁以下に短くする必要があります)。
メニューのツール/TS用BA-Dataコンバートを選択して下さい。
下記のポップアップが出ますので、開始をクリックしますと、C:\Program Files\EdgeTrader\AdjustTSのフォルダーに、TS用BAファイルが作成されます。TSでこのフォルダーを指定すれば、BAファイルを読み込むことができます。
尚、左下にある「次回から自動で変換する」にチェックを入れておきますと、ダウンロードの都度毎回データ変換を行いますので、TSに毎日データを読み込ませる必要がある場合は便利です。
しかしそういうニーズが無い場合は、ここのチェックを外しておきませんと、データダウンロード後のデータ展開時間が長くなってしまいますのでご注意下さい。
尚、EdgeTraderの持っているデータは、基本的に全てそのままTradeStationが読み込めるように作成してあります。ファイルは下記フォルダーに入っています。

つなぎ足フォルダー=C:\Program Files\EdgeTrader\Sakimono\
一代足フォルダー=C:\Program Files\EdgeTrader\Ichidai\
銘柄の定義ファイル=C:\Program Files\EdgeTrader\meigara.txt

上記のファイルに手を加えられた場合、その後EdgeTraderが正常な動作をしなくなる可能性がありますので、ファイルの扱いには十分注意して下さい(ファイルの利用は読み出しだけに限定し、書き込みを行わないようにして下さい)。