国内限月別(N番限)つなぎ足作成機能
これまで国内銘柄では、先限単純つなぎ足と先限バックアジャストつなぎ足しかありませんでしたが、更に「N番限つなぎ足」という機能が加わりました(この機能は海外銘柄には適用できません)。N番限つなぎ足を作成するには、メニューバーのツール/バックアジャスト作成を選択して下さい。

「N番限つなぎ足」とは国内銘柄の1番限から6番限までの限月を指定して、常にその番限のつなぎ足を作成する機能ですから、当限つなぎ足を作成する場合は1番限を指定すれば作成できます。下記の図の赤枠で囲まれた部分が番限を指定する箇所です。


N番限つなぎ足には、限月間の鞘調整をしないでそのままつなぐ「普通つなぎ」と、限月間の鞘を調整してつなぐ「バックアジャストつなぎ」の二種類があります。N番限つなぎ足は、1番限のバックアジャストつなぎ足のみ新甫発会日前日につなぎ、それ以外は全て新甫発会日につなぐルールとなっています。ルール1の出来高や取組高逆転等の条件選択はできません。ルール2の寄付でつなぐか、大引けでつなぐかの選択はできます(国内ザラバ銘柄は寄付でつなぐことをお勧めします)。

  ・普通つなぎ(バックアジャストありのチェックを外す)
  ・バックアジャストつなぎ足(バックアジャストありのチェックを入れる)

限月別N番限つなぎの保存ファイル名に含まれる記号は下記になります。
   1番限の普通つなぎは    199
   鞘調整してつなぐときは   100

 <N番限つなぎ足の利用法>

例えば、「銘柄選択/鞘取り」の上部にある「銘柄指定」をチェックし、事前に作成しておいたある銘柄の6番限と5番限のバックアジャストつなぎ足を指定して、2つの限月間の長期的な鞘チャートを描くことで、季節的な変動を見ることが可能となります。
注意点としては、発会日が異なる銘柄同士(例えばガソリンと原油)のN版限のつなぎ鞘を見る場合、ガソリンの新甫発会から原油の新甫発会までの間は、発会日のズレにより、本来の意図した限月同士の組み合わせになっていないケースがあります(原油の新甫発会からガソリンの納会までは意図した限月同士の鞘になります)。発会日が異なる銘柄同士の鞘を比較する場合は、一代足で比較することをお勧めします。