加重移動平均
計算式
加重移動平均(n日)=(c1×n+c2×(n−1)+c3×(n−2)+c4×(n−3)+c5×5+…+cn×n)÷(1+2+3+4+5+…+n)
※ cn=n-1日前の価格。c1=当日の価格。
※ 当日を1とし、当日を含むn日間で計算します。

説明
この加重移動平均は、直近の価格に近いものほど重要度を大きくし一定期間(n日)平均したもので、(例えば、20日の終値加重移動平均の場合、直近価格を20倍し古い価格には1倍して価格を平均したものです。)単純移動平均に比べ直近の価格に対しての反応度が高くなっています。
※ 参考:移動平均グループ

使い方の例
価格は終値を使うことが一般的ですが、始値、高値、安値を使うこともあります。移動平均の期間は一般的に20日間を用いますが、短くすると敏感に、長くすると鈍感になります。代表的な移動平均線に期間の長いもの(長期線)と短いもの(短期線)の2本の移動線を引いた「グランビルの法則」が有名です。1本〜3本の移動平均線を下値支持線、上値抵抗線として使うことも有りますし、特殊なものに変位移動平均線がありますが、これは移動平均をN日間先行させたものです。(指標の設定にて、「シフト」のパラメーター部分にNを入れると、この変位移動平均線になります。デフォルトでは、0になっています)。

グランビルの法則

ここをクリックし、図解といっしょにご覧になられると一層分かり易くなります

<買いシグナル>

  1. 長期線が長期下降から横這い(上昇)している状況で、短期線が長期線を上抜いた時。(ゴールデンクロス) 
  2. 長期線が上昇中に、短期線が長期線を下回った時。 
  3. 長期線が上昇中に、短期線が長期線に向かって下降してきたが、長期線を下回ることなく再度上昇に転じた時。 
  4. 長期線が下降中に、短期線が大きくかけ離れて下落している時。(短期的な自律反騰の可能性)

<売りシグナル>

  1. 長期線が長期上昇から横這い(下降)している状況で、短期線が長期線を下抜いた時。(デッドクロス)  
  2. 長期線が下降中に、短期線が長期線を上回った時。 
  3. 長期線が下降中に、短期線が長期線に向かって上昇してきたが、長期線を上回ることなく再度下降に転じた時。
  4. 長期線が上昇中に、短期線が大きくかけ離れて上昇している時。(短期的な自律修正の可能性)    

※ 1本だけの線を引く時は、長期線を中期線に、短期線を価格に置き換える事が可能です。